前へ
次へ

不動産の売買時は査定の根拠を聞く

売買されるモノやサービスには価格が付けられています。
最初からつけられるときもあれば、当事者同士の話し合いで価格を決めるときもあります。
原価から利益を加算してつけるときもあれば、売れる価格としてつけられるときもありつけられ方は様々でしょう。
ただときに特に根拠もなく価格が付けられるときもあるので注意しなければいけません。
根拠がない価格は割高であったり割安になっている可能性があり、当時者であれば損をする可能性があります。
不動産の場合はどちらかといえばいくらなら売れるかで決められることが多いようです。
いくら高いコストをかけたとしても周りにその価値が認められなければ売ることはできません。
不動産を売ろうとするときは業者から査定を受けるときがありますが、その時に各業者は価格を提示してきます。
売買で大事な業者選びとしてその価格の根拠を知ることでしょう。
そして納得ができるならその業者とタッグを組んで話を進めるようにしてみましょう。

Page Top