前へ
次へ

不動産売買の仲介業者の選択

不動産売買が実を結ぶか否かは、仲介業者選考にかかっているといいましても言い過ぎでないくらい、仲介業者決定は重要だと言えます。
どういった点に意識を向けて仲介業者を選択すると良いのかについてですが、不動産売買が成り立つためには、売主及び買主のどちらの方からも一目を置かれている仲介業者であることが大事になってきます。
査定価格が際立つために、売主からすれば良好な仲介業者と考えていても、買い方にとりその査定価格に裏付けがなければ非常に良い仲介業者にはならないと言えます。
査定価格がまわりの取引ケースにもとづいた上で、物件限定の事情も考慮してはじき出したものであるか、それからその額で納得のいくものであるかといった点に着目してみると良いでしょう。
ただ単純に査定価格が非常に高いからといって仲介業者を選択しても、売買成立しない状況で時間が過ぎます。
しかも、媒介契約を交わす前の段階で、仲介業者を選択する時にいろいろな業者とコンタクトをとることがあるといえるでしょう。
そのタイミングで、どういった仲介業者の対処が気配りをしていて確かなのかをチェックしましょう。

Page Top